ブロックチェーンゲーム

イーサエモン|バトルモードの解説【初心者向け】

イーサエモンのバトルモードについての解説をしていきます。

イーサエモンには、

  • ジムモード
  • 練習モード
  • ランクモード

の3つのバトルモードがあります。

どのバトルモードも特徴が違うので、しっかり覚えてイーサエモンを攻略していきましょう。

ジムモードとは?

ジムモードとは、手持ちのモンスター1匹を選び、NPCのモンスター3匹を選んでバトルしてexpを稼ぐというバトルモードです。

対戦相手となるNPCのモンスターのレベルが1~10までしか選べないため、低レベル向けのバトルモードとなります。

なお、勝利した場合のexp以外の特典はありません。

ジムモードはガス代だけでなく、バトル費用0.001ethがかかるため、価格の面でみてもあまりオススメはできません

低レベル向けのバトルモードとして練習モードがあるので、低レベル時はそちらで育成するのが良いですね。

ジムモードの遊び方

ジムモードで遊ぶために「ゲームプレイ」→「バトル」→「ジムモード」の順に進みましょう。

ジムモードまで到達したら、

  1. 「イーサエモンを選択」からモンスターを選びます。
  2. トレーナーレベル(NPCのモンスターのレベル)を選びます。(NPCのモンスターは3匹選ぶことになりますが、すべて同じレベルでのバトルとなります。)
  3. NPCのモンスターを3匹選びます。

の順に選択をしていきます。

選択後、「トレーニング開始(0.001eth)」と書いてあるボタンを押して、トランザクションを発生させて承認がされたらジムモードでバトルすることができます。

バトルが行われると勝ち、負けが決まりますが、当然、勝った場合の方が取得expが高いです。トレーナーレベルを下げてでも勝つ方が良いので、無理せず勝てる相手を選びましょう。

相手のモンスターを選ぶ際の注意点としては、モンスターによりステータスの初期値が高いモンスター(例:草パンダ)がいるので、そのモンスターは選ばないようにすることですね。

※ステータスの初期値は、公式店からのモンスター詳細画面で確認することができます。

ジムモードのメリット/デメリット

ジムモードのメリット、デメリットを見ていきましょう。ジムモードは正直デメリットが目立つし、低レベル向けのバトルモードの練習モードが用意されているので出番は少ないですね。

メリット

  • いつでも相手となるNPCのLvを指定して戦える。
  • 対戦相手によっては、ほぼ勝てるため安定してexpを稼ぐことができる。

デメリット

  • 相手となるNPCのLvが10までしかない。(序盤にしか使えない。)
  • 1匹ずつのレベル上げになってしまう
  • バトルするために固定で0.001ethかかる

練習モードとは?

練習モードとは、20レベル以下のモンスター限定のバトルモードです。2エネルギーを使うことでバトルができ、ガス代は不要です。

手持ちのモンスターからアタッカー3匹×サポーター3匹のチームを組み(サポーターは選ばなくても良い)、リストアップされた相手チームの中から1チームを選んでバトルをします。

リストアップはランクモードに登録されているチームのうち、バトルパワーの近いチームが自動で選ばれるため、同じレベル帯の対戦相手を探すのに苦労しません。

イーサエモンは極端にレベルの低い相手に勝っても経験値はほとんど貰えません。このため、同じレベル帯の対戦相手が選びやすい練習モードは経験値を効率よく稼げるバトルモードであると言えますね。

練習モードはエネルギーさえあれば、ガス代不要で遊べます。経験値効率も良いので低レベル時はおすすめのバトルモードですね。

練習モードの遊び方

練習モードは、2エネルギーを使って1バトルをすることができます。バトル回数も選ぶことができ、連続してバトルすることも可能です。

練習モードで遊ぶために「ゲームプレイ」→「バトル」→「練習モード」の順に進みましょう。

練習モードまで到達したら、

  1. 「チームを編成する」からモンスターを選び、チームを組みます。
  2. 「対戦相手を選択する」から対戦相手のチームを選びます。このとき、編成し直してバトルパワーが変わるとリストアップされるチームも変わります。

の順で選んでいきます。選んだあとは「攻撃する」でバトルが始まります。

チームには同じモンスターは入れることができないので注意してください。

エネルギーって?

イーサエモンでは練習モード、ランクモードでバトルをするためにエネルギーが必要になってきます。

エネルギーは大きく、無料分、課金分に分けられます。無料エネルギーは1時間毎に1エネルギー分、MAX10まで申請エリアに溜まっていき、申請すると溜まったエネルギーを受け取ることができます。受け取ったエネルギーの上限は50までです。

練習モードのメリット/デメリット

では、練習モードのメリット、デメリットを見ていきましょう。

練習モードのメリット

  • BPで相手の候補が選ばれるので、経験値効率はピカイチ。
  • 攻め先にexpが入らない。

※練習モードはバトル履歴を見ると相手にexp+の表示がでるものの、実際には相手にexpは入らないことをイーサエモンのDiscordで確認しています。

練習モードのデメリット

  • Lv制限があり、20Lvまでのモンスターしか育成ができない。
  • ランクモードとは異なり、勝ってもEMONTは貰えない。

ランクモードとは?

ランクモードとは、プレイヤーが用意したアタッカー3匹×サポーター3匹(サポーターは任意)で構成されたチーム同士で戦うバトルモードです。

練習モードとは違ってモンスターのレベルに制限はありません。20レベルを超えたモンスターはランクモードで育てることになります。

ランクモードには勝利報酬があり、バトルに勝つとイーサエモンのゲーム内トークンであるEMONTが貰えます。このEMONTはゲーム内で遊ぶのに使ったり、取引所でethとトレードもできるんです。

勝つとEMONTが貰えるし、育成でも使うことの多いランクモード。このランクモードを攻略することがイーサエモンでは重要になってくるでしょう。

EMONTの説明記事はこちら

ランクモードはレベルにかかわらず幅広く活用ができるバトルモードです。

報酬もあることから、ランクモードを攻略することがイーサエモンでは重要になってきます。モンスターを集め、育成して、ライバルのチームに勝ち続けましょう。

ランクモードの遊び方

ランクモードは、練習モードと同様に2エネルギーを使って1バトルをすることができます。バトル回数も選ぶことができ、連続してバトルすることも可能です。

ランクモードで遊ぶためには「ゲームプレイ」→「バトル」→「ランクモード」の順に進みましょう。

ランクモードまで到達したら、

  1. 「チームを編成する」からモンスターを選び、チームを組みます。
    ※2回目以降は「チームをリセットする」。
  2. チームを組んだあと、「チームを編成する」ボタンを押すと確定のためのトランザクションが発行されますので承認します。
    ※ここでガス代が発生。
  3. チームが確定したら「対戦相手を選択する」から対戦相手のチームを選びます。

の順で進めます。

ランクモードでも練習モードと同様に、チームには同じモンスターは入れることができないので注意してください。

選んだあとは「攻撃する」でアタック回数を入力し、再び「攻撃する」を押すとバトルが始まります。

どのバトルモードでも共通で言えることですが、バトルで勝つポイントは、

  1. 有利属性を可能な限り狙うこと
  2. ステータスの初期値、上昇値を見極めること
  3. レベルをみること
  4. 相手サポーターの状況をみること

でしょうか。

属性とステータスの上昇値はかなりウェイトを占めているので、相手のレベルだけ見て、むやみにバトルするのは避けておきたいところですね。

ランクモードのメリット/デメリット

ランクモードのメリット、デメリットはこちらです。ランクモードはレベル制限が無いし、勝利報酬もあります。イーサエモンで一番攻略すべきはランクモードですね。

ランクモードのメリット

  • 少ない費用でバトルができる。
  • 勝つとEMONTが貰える。
  • 放置していても攻撃をされるとexpが貰える。
  • 負けてもランクが下がるだけでほとんど気にならない。

ランクモードのデメリット

  • レーディングポイントによるバトルのため、相手モンスターのLvが合うとは限らない。
  • 攻め先にもexpを与えてしまう。

まとめ

今回はバトルモードの解説をしてきました。手持ちのモンスターにあわせたバトルモードを選んでモンスターを育成していきましょう。