仮想通貨取引所

DAppsゲーム用のETH(イーサ)はどこで買う?BITPOINT(ビットポイント)の特徴まとめ。【仮想通貨取引所】

仮想通貨のETH(イーサ)は持っていますか?

DAppsゲーム(ブロックチェーンゲーム)の多くは、イーサリアムネットワークで動いていて、プレセールやアイテムを買うためにETHが必要になってきます。

ということで、今回はETHを買うのに便利な取引所のひとつのBITPOINT(ビットポイント)について書いていこうと思います。

BITPOINTは日本の仮想通貨取引所で「仮想通貨交換業者」にも登録されています。

BITPOINTのサイトに❝安心・安全のセキュリティ❞と語られているように高セキュリティであることがわかりますね。

BITPOINTで口座開設をする

取り扱い通貨

BITPOINTの取り扱い通貨
ビットコイン BTC
ビットコインキャッシュ BCH
イーサリアム ETH
ライトコイン LTC
リップル XRP

BITPOINTの取扱い通貨は5種類です。全て円での取引ができます。

ビットコインのみ外貨での取引も可能で、米ドル、ユーロ、香港ドルで買うこともできます。

Dappsゲームで遊ぶのには何かとETHが必要になってくるので、日本円から直に取引できるのも魅力的ですね。

手数料が無料

Dappsゲームで遊ぶためには、ETHをどれだけ安く手に入れるのかが重要になってきます。ゲーム以外のところで費用を抑えた方が当然利益も出やすいので手数料などの費用面についても注目ですね。

※最新の手数料はBITPOINTの公式サイトを確認してください。

BITPOINTは現物取引/レバレッジ取引/FX取引での手数料が無料になっています。

さらには仮想通貨の送金も手数料無しであるため、Dappsゲームをプレイするまでの入金→購入→送金で金額が少しずつ減っていくのを防ぐことができます。

(日本円の入出金は振込手数料がかかります。)

スプレッドが狭い

スプレッドとは「売値と買値の差」ですが、BITPOINTのETH/JPYを上の例に挙げると売値と買値の差に99円があります。

この差が少ないほどスプレッドが狭く、同じ価値のものが多く買えるということになります。

まとめ

BITPOINTは日本円の入金からETHの出金までを手数料を抑えて行える取引所です。

アプリも使いやすく、スマホでDappsゲームをするときにも重宝します。一度導入を検討してみてはいかがでしょうか。

BITPOINTで口座開設をする