ブロックチェーンゲーム

イーサエモン|アドベンチャーモード実装!土地オーナーの配当はどんなもん?

2018.9.6にイーサエモンのアドベンチャーモードがリリースされましたね。プレセールで買った土地がついに稼働し始めます。土地のオーナーが得ることができる配当は、一体どの程度のものになっているのでしょうか?

リリース後の配当はどの程度のものなのか?

日本時間15時(2018.9.6)にリリースがされて、約5時間くらい。(所有土地数は53

新モンスターがゲットできるので、メダル獲得のためのスタートダッシュ、リリース直後のプレイヤー数の多さもあったためか、思っていた以上の配当になってました。

驚くべきはEMONTの量。ランクマッチ1勝=0.2EMONTなので、2500勝分ですね。これはすごい。

今はかなりの勢いで配当が増えていっていますが、他のブロックチェーンゲームの傾向を見ていても、徐々にプレイヤーも減っていく可能性が高いため、このままの勢いにはならないかとは思います。

が、冒険でゲットできるモンスターはタマゴを産めないので、自力ゲットやマーケット売買狙いで継続して冒険に出す人もいるでしょう。

この点はまだまだ期待はできます。各プレイヤーの今後の活動状況にも注目したいですね。

土地はまだ買うことができるのか?

結論を先に言うと、土地は買うことができます。ただし、公式店からは買うことができません。

プレイヤーが所有している土地は外部マーケットのopenseaで売りに出されることもあるので、イーサエモンの土地に興味がある人は小まめにopenseaを覗いてみるのも良いでしょう。

土地はおよそ1ETH~2.5ETHの範囲で売られていることが多いです。

投入した金額は?

私は土地の第一弾プレセールで用意されていた土地は54のうち、チワワ砂漠を除いた土地(53の土地)を落札していて、

eth・・・33.90147301eth ※ガス代除く
emont・・・2423.75emont ※ガス代除く

という資金を投入しています。

かなりの資金を投入しているので、全額回収はできたとしても当分先のものとなりそうです。

さいごに

一見、当記事頭のツイートではおいしく見えるかもですが、リスクもあるため購入する際は慎重に検討することをおすすめします。

イーサエモンをプレイする